肥満による健康障害を回避しよう

肥満になると外見が変わるだけではなく、様々な健康障害が起こるリスクがある事はご存知ですか?

肥満の男女

皮下脂肪型肥満とは

体脂肪は主に皮下脂肪と内臓脂肪の2種類に分けられます。
脂肪は人間の体に必要な成分のひとつですが、溜めすぎることで様々な病気を引き起こす原因になります。
まず体に脂肪がつき過ぎた状態が肥満になり、皮下に脂肪がつき過ぎた場合を皮下脂肪型肥満と呼びます。
皮下脂肪型肥満とは、主に女性に多く見られます。
内臓と表皮との間に蓄積された脂肪になり、下半身につくことが多い脂肪です。
その体型として、洋ナシ型の体型の人に多く見られます。
下半身につくことが多い脂肪ですが、二の腕や顔やなどにもつくこともあります。
皮下脂肪型肥満は内蔵型に比べて生活習慣病になりにくいですが、将来的に女性特有の病気になりやすいことがあります。
その他にも睡眠時の障害になる病気や膝や腰に負担をかけやすくなります。
また女性が皮下脂肪型肥満になる原因として、女性の体の仕組みと大きくかかわっていることが挙げられます。
このように皮下脂肪型肥満とは、女性に多く見られるタイプの肥満になります。
皮下脂肪型肥満を改善する方法として、有酸素運動や骨盤矯正や筋トレなどがあります。
これらの運動をセットにすることで、皮下脂肪を落とすことができます。
皮下脂肪型肥満とは皮下に多く脂肪が溜まる症状になり、主に女性に多く見られる肥満のタイプになります。