肥満による健康障害を回避しよう

肥満になると外見が変わるだけではなく、様々な健康障害が起こるリスクがある事はご存知ですか?

肥満の男女

肥満は月経周期にも異常をきたす

一般的に、拒食症などによる痩せすぎの女性の月経が止まる事がある、と言う話はよく聞かれる事だと思いますが、実はその逆の肥満体型の女性も月経異常を起こす可能性がある事はご存知でしょうか?
月経異常とは、主に月経周期が長くなったり月経周期が不定期になったりする事を言います。
「私、生理期間が他人より長いのよ」「生理が毎月決まった日に来ないのよね」などと言う会話は、女性達の中で余り珍しくなく耳にする事だと思いますが、この様な症状は長く続くと不妊の原因になりかねません。

肥満とは、脂肪細胞が通常より多く体内にある状態です。
この状態で月経が始まると、卵巣から分泌される女性ホルモンの主成分は脂に溶ける性質を持つ為、本来の役割を果たす前に脂肪細胞に吸収されてしまうのです。

しかしながら、上記に記した様に月経周期が長かったり不定期になったりする事は珍しい事ではなく、それが明らかに異常な長期間であったり来ない月があるなどの不定期であったりする事がなければ、ちょっとホルモンバランスが悪い、と言う言葉で終わらせてしまう事が殆どです。
更に言えば、肥満がそれに関係しているなどとは思いもつきません。

けれど、月経が終わり閉経し、更年期が始まる頃に所謂中年体型となる事が多い様に、実は月経と肥満は密接な関わりを持つのです。
肥満は月経周期にも異常をきたす事を正しく認識して、若い頃から常に節制した生活を送りたいものです。